CRAという職種と求人の現状

これからのCRA求人

これからのCRA求人のメイン画像
CRAというのは臨床開発モニターのことであり、新薬の承認をするための治験に関連する仕事で、医療機関でも求人は注目されています。

CRAという職種と求人の現状

CRAときいて、すぐにどんな仕事かわかるという人は、医療関係の仕事に就いている人かもしれませんね。

CRAという仕事は薬に携わる仕事であり、医療関係の仕事をしている人にとっては転職先として考えられる一つの魅力ある職種ともいえます。

医療業界において大変注目を浴びている仕事なのであり、CRAの求人についても専門の求人サイトなどがあります。

CRAというのはクリニカルリサーチアソシエイトの略であり、臨床開発モニターと呼ばれています。

具体的にどの様な仕事なのかといえば、CRAとは新しい薬の承認を得るための治験に関連する仕事です。

治験とは、大変重要なことであり、世の中に新しい薬を誕生させるには多くのマンパワーと時間、そして費用がかかります。

医薬品の治験というのは様々な種類の薬がされることになりますが、一定の基準があり、それをGCPと呼び、CRAは治験がGCPに基づいて実施されているかということで判断します。

治験は医療機関で実施されますが、医療機関や医師、製薬会社の臨床試験などが適正に行われているかということを確認して、適正な治験が行われるサポートをします。

CRAはどこの所属になるのかといえば、製薬会社もしくは開発業務支援機関などの会社に所属することになります。

求人情報を見てもわかりますが、CRAの求人は製薬会社や開発業務支援機関から出されています。

★詳しくは⇒CRA(臨床開発モニター)の転職・求人 | Answers(アンサーズ)

CRAの場合、未経験であった場合は転職してCRAになるというケースも多く、薬剤師や看護師などからの転職が多くなります。

PICKUP記事

SIDE MENU


Copyright これからのCRA求人. All Rights Reserved.